よもやまばなし
●香港南Y(ラマ)島
myweb471001030.gif
送料について
トップページ
北 欧 車
カフェタイム
→カゴを見る
myweb471001027.gif
▼ カテゴリー ▼
ブルックリン
アメリカ車
イギリス車
イタリア車
フランス車
ド イ ツ車
日 本 車
そ の 他
トラックバス
飛 行 機
はじめての方
お支払い方法
送料について
当店について
お問い合わせ
ご利用可能カード
カフェタイム
myweb471001026.gif
はじめての方
トップページ
myweb471001022.gif myweb471001021.gif myweb471001022.gif myweb471002001.gif
お支払い方法
当店について
お問い合わせ
お支払い方法↓
代引・ゆうちょ銀行振替・銀行振込・カード払
コーヒー片手にピックアップした "モノと話題"
をお届け致します
--★ Text by 香港熊猫 ★--
★下記掲載商品のご購入はココをクリック 
 香港の地下鉄(MTR)は乗り物好きにはとても魅力ある乗り物でしょう。
MTRは1979年10月開通した、香港の乗り物としては「まだ新しい」乗り物です。現在、九龍地区、新界南部、香港島北部、ディズニーランドリゾート線や香港国際空港を結ぶエアポートエクスプレス含む10路線が運行されています。
車両はイギリス租借地時代に造られた影響からか、ロンドンの地下鉄と近いデザインが所々に見られます。車両同士の連結部には扉は無く、移動はスムーズにできます。だから電車が真直ぐに走っているときは、先頭車両から最後尾車両まで一望できるのが興味深いです。全てロングシートで、ステンレスで造られている座席は、列車発車時とブレーキがかかった時やカーブを運行中は「滑る」のでお尻に力を入れ乗り切ってください。
一部の駅ホームにはガラス壁が設けられ、線路部分とホームが完全に仕切られています。列車到着時に起こる「風」対策や転落防止、空調温度保持が目的ですが、その他として人が線路内やトンネル部分に立ち入れなくする為です。
MTRに乗るにはまず駅を探さなくては行けません。大きな道近くでロゴマークを探しましょう。ショッピンセンターにも直結していることが多いので、簡単に見つけることができます。駅(一部)には異なる色のタイルが使用されて駅名も漢字(達筆です!!!)で表記されており、香港特有の雰囲気があります。MTRはすべて各駅停車で、快速や特急はありません。(ただし、エアポートエキスプレスは専用路線を走り、途中駅が少ないため目的地までの所要時間は短いです。)路線毎に色分け表示をしてあるので、目的地駅の終点駅名を確認して乗りましょう。又、世界で初めてディズニーランドへの行くだけに作られた専用鉄道路線があり、窓がミッキーマウスの形をしています。小さなお子様やディズニー好きには、テンションが揚がることでしょう
MTR駅構内には、コンビニエンスストア、ケーキ店、ジューススタンドや雑貨類、洋服までが販売されている駅も沢山あります。改札のスグ外には銀行のATMコーナーがあり現地の人達には大変便利です。
香港の地下鉄はオクトパスを利用すると、街歩きには料金も安く安全で、旅行者にとってもハードルが低く、主な観光地への移動手段には大変便利な乗り物です。
●香港乗り物(地下鉄)
--★ Text by 香港熊猫 ★--
香港には大小235の島々が在ります。そんな島々を船に乗って訪ねるのはいかがでしょうか?
今回は、都心から少し離れた南Y島(ラマ島)に行ってみたいと思います。
南Y島は、香港で三番目に大きなL字型の島で、香港島の中環(セントラル)からフェリーで30分程で行くことができます→フェリーのルートと所要時間は下記に案内しています。この島には車が走っておらず、3階以上の建物がありません。緑あふれる「丘」や、すばらしい「海水浴場」が2つあり、多くの人々がハイキングや観光で訪れることで知られています。一方、香港島との交通の便も悪くないことに加え、大手銀行のATM、海鮮料理店や各国料理レストラン、茶餐廳(→香港流喫茶店)、さらに生活必需品を扱う商店もあることから、自然好きの在港外国人が多く住んでいます。
香港島の中環からフェリーで、榕樹湾(島の北側)[一時間当たり約計3本運行/高速船20分・普通船35分]、または索罟湾(島の中央下のL字の窪んだところ)[一時間当たり1本運行/高速船35分]に到着します。この二つの港をを結ぶ道のりが二時間足らずのハイキングコースです。その途中には2つの海水浴場や天后古廟、見晴らしのいい観景台があり風光明媚です。漢字で書いてある道標が各要所毎に立てられて分かりやすく道も整備されているので、旅行者でも道を迷うことはありません。また、索罟湾近くには有名は海鮮料理店や、美味しい「豆腐花(→柔らかく滑らかな豆腐で生姜シロップやさとうきびから作られる砂糖をかけて食べる香港スィーツ)」が頂ける店が在ります。この「豆腐花」だけを食べにくるグルメも多いそうです。
香港島の中環から乗るフェリーでは左側の席をゲットしましょう。南Y島には発電所があり、風力発電装置や煙突3本が遠くからも見える風景(日本の瀬戸内海の様です)や香港島のビル群が望めます。都心で喧騒な毎日を送る香港市民や日帰りで訪れる旅行者には、片道21香港ドル(→ルート&平日/祝日・日曜の区別で金額が変わります)で味わえる船旅です。
グルメファンなら、島内にある海鮮料理店がおススメです。新鮮な魚介類をいろいろな調理法で食べさせてくれます。とりわけ、海老(シュリンプ、プローン、ロブスター)はイチ押しの人気素材です。ちなみに、広東語で海老のことを「ラフター」と発音しますが、これは英語の「笑う人(laughter)」と同じ発音をします。だから、香港の人々はもとより外国人にとっても、「笑みを誘う幸せな食べ物」として海老が大好きなのです!!
笑う門には「海老」きたる!!で、海老を食べた人には「福」も運んでくれるかもしれませんね。
myweb471006003.gif